申込者自身に収入のあるパートが当然有利教室KJ

当たり前ですがキャッシング、カードローンでは申込者に収入があったほうがよいです。

ですから、専業主婦よりもパートタイマーの主婦のほうが少なからず、審査に通る可能性が高くなります。

これは大原則であり、当然のことでもあります。

審査をするのであれば、やはり収入がある人が合格、通過しやすくなるのは極々自然なことです。

ですから、収入があったほうがよいのか、高いほうがよいのか、と言われれば間違いなくそうであるといえます。

人生が変わるパートの収入は月5万円程度が目安の話19

どんな金額のパートでもよいのか、というとそうではないです。

最低でも月に5万円以上は稼いでいたほうがよいでしょう。

これが最低のラインといえます。

例えば内職か何かで月に1万円強の収入があったとしてもこれは厳しいです。

これも立派な収入ではありますがカードローンの申請の時にはさすが認められないことが多いです。

どうしても金額として低いからです。

その為、最低ラインとして月に5万円がある、と知っておくとよいでしょう。

パート収入が低い場合は専業主婦として申し込む人も解説塾32

パートをしていても収入が低すぎる場合は専業主婦として申請をすることもあります。

これは認められませんので、ということを言われる場合があるのです。

また、自主的にそうする人も少なからずいます。

ちなみにこの場合は銀行系のカードローンに限定されます。

そもそも貸金業では専業主婦が単独でお金を借りることができないからです。

総量規制でそうなっている以上は仕方ないことであり、主婦が単独で借りるには銀行系を使うしかないのです。

限度額にはあまり差がないサークル76

専業主婦が銀行系のカードローンでお金を借りる時の限度額とパートタイマーの主婦が貸金業者から借りるのとでは限度額に違いはあまりないです。

個人に対する信用の貸付というのは、どうしても底が決まっている上に上限もそこまで高くないのです。

これは何故かといいますとどんな場合でも極端に信用情報に差でもない限りは極端な差をつけられないからです。

専業主婦であろうと少しだけパートをしている程度の主婦であろうとかなり信用力は低いのは確実です。

自分の貯金だと思う錯覚

カードローンは簡単にお金を借りれるけどクセになってしまう。

これが実際に使っていた私の感想です。

最初はちょっとだけ、遊びに出掛けるお金が足りないから給料日までの亜間に1万円だけ借りておこうと思って借りて、給料日に返済して終わり。

でも、また翌月に少しお金を使い過ぎて給料日までと思ってまた1万円を借りてしまいました。

また給料日に全額返したんですけど、次は給料日までにまだ2週間以上あるんだけどお金が無くなってしまって今度は3万円を借りてしまいました。

それで給料日には全額返さず1万円だけ返して、それで翌月に全額返済となったんですけど、自分の心のどこかに足りなくなれば借りればいいという感覚が根付いていることに恐怖を感じて、すぐに解約しました。